ライフスタイル

「100円×4=401円」問題に遭遇した話

こんばんは。さとーん(@satooon_blogger)です。

突然ですが「100円×3個=301円問題」って知ってますか?

今日はこの「100円×3個=301円問題」についてです。

「100円×3個=301円問題」って?

発生する原因は?

2021年4月1日から、全ての商品やサービスの価格に税込みの価格が表示されるようになりました。

コンビニのプライベートブランドの飲み物なんかは

【93円 税込み100円】

というような表記がされています。

問題はここからです。

93円に税率8%をかけると、正確には100円ではなく100.44円になります。

会計時には合計金額に消費税率を掛けますので、3本買ったとすると

93円×3本=279円

279円×税率1.08=301.32円

となり、税込み100円のものを3本買うと301円になるという現象が発生します。

1円を払わない方法

消費税の計算では小数点以下は切り捨てられますので、小数点以下の端数が繰り上がらないように抑える必要があります。

上のケースで言うと、1本が100.44円なので2本だと200.88円。

3本で301.32円になるので、会計時に2本と1本に分けて決済してもらえば良いということですね。

…めんどくさー!

それなら1円くらい払うわ!となりますよね。

コンビニ側も、「このようなケースがありますよ」という案内をしてくれると助かります。

若しくはイオンのように【税込み100.44円】という表記だと分かりやすくて良いんですが。

まとめ|知識として知っとくのは大事!

税込み表示になったことで見やすくなった反面、このような問題も出てきます。

考えれば「ま、そうだよね」となりますが、場合によってはトラブルになりそうな問題ですし、しっかりと案内をして欲しいものです。

では。